経営理念

ミッション

経営者や従業員の自立を支援すること

ここでいう『自立』とは、特に経済的自立のことを指しています。

具体的には、『お金を増やす能力や資産、ビジネスを持っているため、他者に依存しない自由な生き方を選択できること』と定義しています。

周りからは自立しているように見えても、仕事のために苦手な上司や得意先と付き合わないといけなかったり、生活のために朝から晩まで働かないといけなかったりすることはよくあります。

しかし、経済的に自立していくにつれて、仕事や相手を選べるようになっていきますし、働く時間も自由になっていきます。

究極的には、仕事はしてもしなくても良いし、やりたいことを自分で選択できるようになります。

経営者や従業員が少しでもそういった理想的な状態に近づけるように支援することが、わたしたちのミッションです。

ビジョン

価値のある情報をオンラインでスピーディーに提供する

わたしたちの事業は、単なる『税理士業』ではありません。
『経営に必要な情報をオンラインで提供する事業』です。

したがって、提供する情報は税務に限定していません。経営戦略やマネジメント、マーケティングやセールスに関する情報など、経営に必要なあらゆる情報を発信しています。

また、経営者が情報化社会で優位に立てるよう、オンラインでスピーディーに情報提供することにこだわっています。

内製化が難しい専門業務をオンラインで代行する

自立というのは、何でもかんでも自社で行うことではありません。
むしろ苦手な業務を専門家に依頼することで、より自由に動けるようになります。

特に税務や労務、法務などの専門業務は、外部の士業にアウトソーシングした方が、安全かつコストも抑えられます。

また、広告やデザインなどのプロモーションに関する業務についても、その道のプロに依頼した方が成果が上がることが多いです。

そこで、外部の優秀な士業や広告代理店等とオンラインで連携して、幅広い専門業務を代行できるようにしています。

バリュー

まず自分たちが実践する。

自分たちが自立していないのに、自立の支援なんてできません。
自分たちが試していない施策について、価値のある情報なんて提供できません。
まず自分たちが実践してこそ、意味のある支援、価値のある情報が提供できます。

常に自分で選択する。

自分で選択せず、言われたことを嫌々やっているようでは、自立しているとは言えません。
それに、やりたくないことを無理にやっても、どうせ長続きはしません。
もちろん、相手にも強制せず、選択を促します。

小さな約束を守る。

仕事仲間やクライアントから信頼されるためには、約束を守らないといけません。
たとえ時間を守る、業務の手順を守る、といった小さな約束でも同じことです。
もし約束を守れなかったときは、誠意をもって謝ります。

変化を恐れない。

競争が激しい業界で生き残っていくためには、進化し続けるか、差別化して競争を避けるか。
いずれにせよ常に変化していく必要があります。
必要なものはどんどん取り入れて、要らないものは容赦なく切り捨てる勇気が必要です。

失敗を非難しない。

『失敗していない=挑戦していない』ということなので、失敗しないのはよくないことです。
にもかかわらず、いざ失敗したら非難される場面をよく見かけます。もちろん故意に約束を破ったり、規則に違反する行為は非難すべきですが、故意ではない失敗を決して非難しません。

長期的な目線で考える。

税理士事務所は、会社の設立から、場合によっては相続まで、長い間関係が続きます。したがって税理士事務所は、目先の利益にとらわれず、長期的な目線でアドバイスができる貴重な存在です。その特徴を最大限に生かすために、常に短期的な利益より、長期的な利益を優先します。

利益は分け合う。

利益を独り占めしてしまうと、そのときはよくても、長期的な関係は続かなくなってしまいます。逆に利益を一方的に分け与えてしまった場合も、一時的には喜んでもらえても、長続きできませんし、依存体質にもつながってしまいます。産み出した利益は、常に従業員や取引先と分け合います。